誰でも働きやすい

学歴を見ないシステム

最近は、履歴書に学歴を記入しないシステムの企業が日本に増えています。
それは学歴に囚われないで、その人の人柄を優先的に見て採用するか判断する溜めです。
学齢が見えていれば、どうしても低い学歴の人では仕事を全うできるのか不安になってしまいます。
ですがその考えが良くないので、敢えて学歴を見ないシステムが好まれています。

従来の日本はきちんと学歴までチェックして採用を決めていましたが、国際化が進むにつれて考えが改まって来ました。
海外は日本と異なり、昔から学歴を気にしないで新人を採用していました。
そのことに気がついて、そのシステムの方が人間性に優れた人材を採用できると考えて日本でも学歴を見ない傾向が広まっています。

女性でも働きやすい

海外でも、従来では女性は家庭に入って家事をするのが当たり前という考えでした。
しかし女性の社会進出が進んで、今では積極的に女性を採用する企業が増えています。
日本では女性を採用することはあってもキャリアアップしにくいなどという難点があるので、今後の課題だと思います。

海外では、いち早く産休制度などを取り入れた企業もあります。
女性が安心して子育てができる環境を作ることで、少子化問題を解決することができます。
少子高齢化社会が進んでいる日本も、このような企業を見習って女性でも積極的に働くことができる環境を整えれば大丈夫だと思います。
現在は意識が広まって、女性が中心になって活躍している企業が増えているので良い傾向ですね。