日本の雇用と欧米の雇用の違いとは何?

日本の雇用と欧米の雇用システムの概要

日本はメンバー社会、欧米はジョブ社会と言われています。欧米では、「職」というものがあり、その職に適したスキルを持った人を採用します。対して日本は、会社にふさわしい人を一括で採用する傾向にあります。まず、会社に入社したうえで、研修からそれぞれの適当な職をあてはめていく仕組みです。欧米とは違い職業教育を行わず、会社は採用した人に対し、職の作業を行なわせながらスキルを習得させていきます。これが「OJT」と呼ばれるものです。また、賃金に対しても、欧米は「職」を軸にしているため、同じ「職」の場合、基本的には賃金は同じで、同じ賃金であれば若者ではなく熟練の労働者を雇う傾向にあります。一方日本は、会社の中で様々な仕事を経験しますが、年齢によって賃金が決まってくる傾向にあります。

それぞれの雇用のメリット・デメリット

日本の雇用のメリットは、年齢によって賃金が上がる傾向にあるため、出世が欧米よりもしやすくなっています。また、欧米型とは違い、特定の職がなくなっても失業者が大量に生まれないことです。会社の枠の中に仕事があるため、その仕事をしなければ良いのです。しかし、年齢があがるにつれて能力が上がるわけではないため、一度会社という枠を外れると再就職が難しくなります。一方欧米は、ジョブ社会になっているため、賃金が職務に見合っており、転職がしやすい、休職や復職がしやすくなっています。しかし、同じ賃金なら熟練の労働者を雇用するため、若者の失業率の高さや出世がしにくいというデメリットがあります。このように日本と雇用システムと欧米の雇用システムはそれぞれにメリット・デメリットがあります。どちらがいいというわけではありませんが、欧米で働きたいと思っている人は参考にしてください。