冠婚葬祭の正しいマナーを把握する

特にルールが決まっていない

襟付きのシャツを持っておく

男の子でも女の子でも、襟付きのシャツやブラウスを着せるのが良い方法です。
襟があるだけで、かしこまって見えます。
お葬式でも結婚式でも、ふさわしい服装になるでしょう。
男の子は、蝶ネクタイをするのが良い方法です。
子供用に、ワンタッチで装着できるネクタイが販売されています。

足元は、革靴を履かせてください。
普段通りのスニーカーでは、雰囲気に合わなくなってしまいます。
前もって買っておくのは良いですが、子供の成長は早いです。
まだ予定がないのにフォーマル用の服を購入すると、当日にサイズが小さくて着られなくなるかもしれません。
冠婚葬祭に参列することがわかってから、買っても良いと思います。
どんな服が良いのかだけ、把握しておきましょう。

慣れさせておこう

フォーマルの服は、普段着ているカジュアルな服に比べて窮屈に感じることが多いです。
そのため子供は、嫌がるかもしれません。
着なれない服に抵抗を感じる子供が多いので、冠婚葬祭の日まで慣れさせてください。
時々着ていれば慣れるので、特に嫌に感じることはないと思います。
またお葬式の場合は、お寺からお墓まで歩くことが考えられます。

履き慣れていない革靴だと、足を痛める危険性があります。
しかし荷物が多いので、子供が疲れても抱えることができません。
子供が元気に歩けるよう、靴も履き慣れさせておきましょう。
最初は固い革靴でも、何度も履いていれば柔らかくなるので履きやすくなります。
冠婚葬祭の予定が決まったらすぐ準備してください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る