冠婚葬祭の正しいマナーを把握する

目立たない服装がおすすめ

ネイビーやベージュ

真っ赤なドレスや、パステルカラーのワンピースはあまりおすすめできません。
主役よりも、目立ってしまう危険性があります。
また、新婦はウエディングドレスを着用しますので、白い服を着ていると新婦と被るので、絶対にいけません。
また地味な服でも、喪服のように黒い服は避けてください。お葬式を連想させるので、縁起が悪いと思われます。
ネイビーやベージュだったら、特に問題はありません。
しかしベージュの場合は、薄すぎると白く見える可能性があります。
明るいところで見てもベージュのままなのか、チェックしてから購入してください。
女性はハイヒールや、パンプスを履きましょう。
それも、地味な色を選択してください。
足元まで見られるので、きちんと用意しましょう。

膝が隠れる丈を選ぶ

膝が出ているワンピースは、みっともないと思われることが多いです。
膝が隠れるものを選択してください。
見た目は丈が長そうに見えても、実際に着てみると短い場合があります。
購入する前に、試着すると良いですね。
着られない服を買っても、費用の無駄になってしまいます。
また結婚式用の服を、わざわざ購入するのはもったいないと考えている人がいると思います。

費用を抑えたい場合は、レンタルで済ませるのが良い方法です。
レンタルなら使い終わったら返却して、また使う機会があったら好きな服を借りられるので便利です。
友人の結婚式に、毎回同じ服を着て参列したくないと考えている人がいるでしょう。
レンタルは毎回異なるワンピースを着られます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る