冠婚葬祭の正しいマナーを把握する

派手にならない服装がおすすめ

極力露出を控えよう

女性は、スカートタイプの喪服でも構いません。
ただその場合は、ストッキングを着用してください。
素足で参列してはいけません。
寒い季節の場合は、タイツでも許されています。
しかし模様がついているタイツもあるので、注意してください、
無地のタイツを着用しましょう。
アクセサリーは、付けないのが普通です。
ですが、どうしても何かを身に付けたい場合は、パールのネックレスやピアスなら大丈夫です。
それ以外のアクセサリーは、マナー違反になるので付けてはいけません。
お葬式にふさわしい服装で参列しないと、故人が安らかに眠ることができません。
また、遺族に対しても失礼になります。
マナーをよく知らない人は、事前に必ず勉強してください。

お香典の正しい金額

親戚が亡くなった場合は、30000円ほど渡すのが一般的です。
親しい友人なら10000円から20000円ぐらい、それほど親しく使つき合っていなかった人なら5000円で十分です。
故人との関係性によって、お香典の金額が変わると覚えておきましょう。
お香典は、お葬式に必ず持って行くものです
受け付けをする時に、遺族に渡してください。

急に呼ばれた場合は香典袋が自宅にないかもしれないので、近所のコンビニで買ってください。
どこのコンビニでも販売されているので、入手するのは簡単だと思います。
香典袋の中に、白い紙が入っていることが多いです。
それに自分の名前と、住所を記載してください。
ボールペンではなく、筆を使って書くのがマナーです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る