日本と欧米の雇用に対する考え方を比較

日本とアメリカの雇用の違い

日本と海外の雇用を比較する場合、まず一番比較対象となるのはアメリカだと思います。
アメリカと言えば、世界一の経済大国ですので、雇用面でも現状の日本の雇用状況を知る上で違いを知るよい対象と言えます。

日本とアメリカの雇用の違いを考えたとき、一番に違いを指摘されるのは新卒採用の点だと思います。
日本の場合、学校在学中に就職活動をして、そのまま新卒として就職をするのが一般的な社会人への道のりだと思います。
また、以前よりもその風潮はかなり減ってきているとはいえ、就職した先にそのまま長期間勤めるのが良い働き方だという考えがあります。
一方、アメリカの場合は学校を卒業してそのまま就職する人もいますが、雇用側としても日本のように長期間勤務することを前提としておらず、働く側もしばらくして再び学校に戻り、さらなる知識や学歴を得ることが当たり前となっています。

日本とドイツの雇用の違い

日本と海外の雇用を比較するに当たり、次はヨーロッパ一位の経済大国であるドイツに焦点を当ててみたいと思います。
ドイツは経済大国第四位に位置していますが、一人ひとりの労働時間は短いことで有名です。
雇用において、日本とドイツではどのような差があるのでしょうか。

ドイツでは、日本のように就職活動シーズンというのはありません。
日本では大学四年生になると始まる就活シーズンですが、ドイツでは特に大学を卒業する時期が決めっていないということに関係して、就職活動するのも人によって時期が違います。
ドイツの大学では課程をすべて終え卒業論文が完成し、卒業証明書を受け取った時点で大学を卒業できるシステムになっているのがその理由です。
また学歴よりも何を専攻したのか。
そしてインターンなどの職業経験がどの程度あり、即戦力となり得るか、が雇用の際に重点的に見らえるようです。