生涯働く覚悟で正社員を目指す傾向にある日本人

海外ではビックリの終身雇用制

最近では日本でも雇用形態が増えて、正社員以外にも契約社員、派遣社員という働き方が選択できるようになってきました。

少し前の日本では、安定して生活と収入を得る為には正社員になるべきであり、務めた以上は会社の為に自分の時間を削るのは勿論、身をささげる位の覚悟で働く傾向がありました。

時代が変わって働き方が選べるとはいえ、安定した生活を送りたいと言う考え方の名残は多く、会社が安定している会社で正社員がベストだと言う考えの人が日本には根深くあるのかもしれません。

しかし、アメリカでは、日本のように同じ会社で生涯働くという感覚はありません。
転職しながらスキルアップしたり、やりたい事を転々としたりなど個人の理由で平均10回転職するというデータもあるそうです。
 

同じ雇用形態でもニュアンスが違います

アメリカには正社員雇用はあります。
日本で正社員と言うと、生涯働く会社と言うイメージが強い部分がありますが、ニュアンスが違っていて、正社員の事はフルタイムワーカー、レギュラーワーカー等と呼ばれており、常勤者と言う意味合いになります。

同じように契約社員、派遣社員も日本と海外では違います。

日本では一般的に派遣社員は派遣会社との契約で派遣された会社で働き、契約社員だと実際に働く会社と直接契約するスタイル基本です。
海外では契約社員の場合が、仲介会社と契約してから派遣先が決まり、派遣社員の方が派遣先の会社と直接契約する事が多いそうです。

日本では正社員が1番良いと言う価値観がまだ強いですが、海外ではそうとは限らないようです。
そもそも正社員だからと言って給料が保障されるという訳でもないので、仕事に専門性やスキルアップを目指す方向に価値観を感じるのかもしれません。