冠婚葬祭別!服装とマナー

冠婚葬祭の正しいマナーを把握する

派手にならない服装がおすすめ

お葬式の時は、喪服と決まっています。 社会人になったらお葬式に参列するか機会が増えるので、1着は持っておきましょう。 女性はスカートでもパンツでも、喪服ならどちらもでも構いません。 またお葬式には、お香典を持っていきます。 香典袋の中にお金を入れて、渡してください。

喪服を着て参列しよう

お葬式の場合は、喪服を着用することがマナーになります。
露出も、極力控えてください。
女性はスカートを着用しても構いませんが、黒いストッキングを履くことを忘れないでください。
タイツの場合は、模様がついていないものを選択しましょう。
またお葬式に参列する場合は、お香典を持って行きます。
故人と自分の関係性によって、お香典の金額が変わります。
事前に、どのくらいの金額を入れれば良いのか調べてください。
高額なお香典を渡さないように注意しましょう。

結婚式の場合は、ベージュやネイビーなど地味な色のワンピースがおすすめです。
華やかな色だと、派手に見えてしまうので目立ってしまいます。
主役は新郎新婦なので、参加する人は目立たない恰好をしなければいけません。
ワンピースを着用する場合は、膝が隠れるぐらいの長さにしましょう。
若い人でも膝が出る丈のワンピースを着ていると、マナー違反だと思われてしまいます。

学生は、学生服を着用することがマナーになります。
しかしまだ小学生以下の子供は私服で参加することになるでしょう。
冠婚葬祭に参列する際は、襟付きのシャツを着せてください。
お葬式でも結婚式でも、その服装だとフォーマルに見えるのでふさわしいです。
靴は、革靴を履かせましょう。
しかし襟付きの服は、子供が窮屈に感じる場合があります。
嫌がるかもしれないので、事前に着せて慣れさせておくことをおすすめします。
普段から着ていれば、冠婚葬祭の当日に嫌がることはないでしょう。

目立たない服装がおすすめ

お葬式に比べて、結婚式は非常に華やかな儀式になります。 しかし華やかすぎる服を着て参列すると、新郎新婦が目立たなくなってしまいます。 主役の邪魔をしないように、地味な服を着ると良いでしょう。 女性は、地味な色のワンピースだとトラブルが起こることはありません。

特にルールが決まっていない

小学生以下の小さな子供の場合は、細かく冠婚葬祭の服が決まっていません。 しかカジュアルに見える私服よりも、フォーマルに見える服を選択した方が良いでしょう。 お葬式でも結婚式でも、襟付きのシャツを着せるのがおすすめです。 男の子は、さらに蝶ネクタイをするとフォーマルになります。

TOPへ戻る